2013年10月29日

企画展「源氏物語の色」開催にあたって

宇治市源氏物語ミュージアム
企画展「源氏物語の色」
2013.10.3 (木) 〜12.1 (日) 京都府宇治市

企画展「源氏物語の色」開催にあたって

今から遡ること千余年。『源氏物語』は一条天皇中宮の彰子の女房として宮仕えをしていた紫式部によって書かれました。『源氏物語』は文学のみならず、人々の生活文化にまで影響を与えてきました。その『源氏物語』のなかに描かれた王朝の華麗な装飾は日本の色の源でした。

『源氏物語』の中に描写された植物由来の色彩とはどのような色だったのでしょう。
今回の展示では、五十四帖を丹念に読みつつ、当時の染色法そのままに再現された、染織史家 吉岡幸雄氏の染織作品を通してみていただくことで、千年前の優美な服飾文化とともに発展した染色の世界をお楽しみください。

最後になりましたが、この展覧会を開催するにあたり、多大なるご指導いただき、また貴重な染織作品をご出品いただきました吉岡幸雄氏ならびに染司よしおか工房の皆様、植物標本をご出品いただきました京都薬科大学付属薬用植物園の皆様、植物の動態展示にご協力いただきました宇治市植物講演の皆様に、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

平成25年10月3日
宇治市源氏物語ミュージアム
http://www.uji-genji.jp/information/view.php?info_no=282

「源氏物語」の色辞典
http://www.artbooks-shikosha.com/shop/1101/9784879405944.html


9784879405944_6.jpg
posted by 茜色 at 11:05| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

明日から「吉岡幸雄仕事展」!

明日から日本橋高島屋8階ギャラリーにて、
染織家 吉岡幸雄の仕事展「日本の色 万葉の彩り」が始まります。
http://www.artbooks-shikosha.com/news/2009/2009112810018.html

もちろん、紫紅社も昨年同様に書籍コーナーをいただいて販売します。
今日から私も東京です−

準備段階ではなかなか棚がまとまらず


1217y1.jpg

1217y2.jpg

1217y3.jpg


箱からだしてひっくりかえっていましたが、
最終的にはきれいにまとまりました。こんなのは私ひとりでできるわけもなく、強力助っ人3人に来てもらいました。書店店長経験のある筋金入りの助っ人です。

1217y4.jpg

1217y5.jpg

1217y6.jpg

まぁ、アップの写真ではないので、あまり全体像がわかりませんが、後日紹介しますね。

吉岡氏の展示の模様は、期間終了しましたら紫紅社のサイトで詳細にレポートしますのでご期待下さい。

明日からは、吉岡氏の作品解説の模様などもレポートしたいと思います。

皆さんも是非ご来場下さい!!
タグ:吉岡幸雄
posted by 茜色 at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

ポルタに天の川が舞い降りた

2009/8/7(金)〜30(日)の期間、京都駅前地下街ポルタプラザにて、〜ポルタに天の川が舞い降りた〜イベントが開催されています。



porta
〜ポルタに天の川が舞い降りた〜《七夕イベント》(外部リンク)


ここで吉岡幸雄氏が「乞巧奠(きこうでん)」の色彩を再現しています。

porta

乞巧奠−陰暦七月七日の夜、供え物をして牽牛・織姫星をまつる行事。女子が手芸に巧みになることを祈る祭事の意で、この名がある。中国の風習が伝わって、わが国では宮中の儀式として奈良時代に始まり、後に民間でも行われた。
(広辞苑より引用)

ちなみに平安時代には、人日(じんじつ、正月七日)、上巳(じょうし、三月三日)、端午(たんご、五月五日)、七夕(しちせき、七月七日)、重陽(ちょうよう、九月九日)、の五節句が宮中の重要行事とされていました。

porta

この展示は小社刊「王朝のあそび」の140ページを再現していますが、本来の七夕の飾りは、中国思想に基付いて、木=青(蓼藍)、火=赤(茜)、土=黄(刈安)、金=白(白絹)、水=黒(矢車)の五色だそうです。(源氏物語の色辞典187Pを参考)

ただよくみるとこの展示は六色になっていますよね。これは吉岡氏がこの五色に最高位の色、紫を紫根で染めて六彩とした、とのことです。
この「乞巧奠(きこうでん)」の色彩を再現したものも、小社刊「源氏物語の色辞典」幻の帖に詳しく載っています。
この場に来てみるとほんの少しだけでも平安王朝の優雅な催しを実感でき、想像を膨らませることができるのではないでしょうか?私も実際に源氏物語を読んだ時には、王朝文化の優雅さとは別に季節の移り変わりをとても大事にしていた時代だったのだと感じたものでした。また手前味噌になりますが、「源氏物語の色辞典」からは実際に色を感じながら話を追っていくことの楽しさも手に入れることができました。辞典とついていますが、この本は「物語」ですね。

porta
猶、主催者さまのご好意で紫紅社のタイトルも
3点、少し控えめですが割りと目だってディスプレイされています。「源氏物語の色辞典」、「日本の色辞典」、そして「王朝のあそび」です。

porta
お買い求めの際はポルタ内くまざわ書店ポルタ店でお願い致します!!


porta
天の川もきれいですよ。
期間中京都にお立ち寄りの際は是非訪れて、王朝の催しを感じてみてはいかがでしょうか。


京都駅前地下街 ポルタ(外部リンク)

くまざわ書店 京都ポルタ店(外部リンク)

営業時間 8:00AM〜21:00PM (土曜・休日は20:30まで営業)

〒600-8216
京都府京都市下京区烏丸通り塩小路下ル東塩小路町
京都駅前地下街porta604号

TEL 075-352-7020
FAX 075-353-7831

posted by 茜色 at 16:34| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする