2012年02月07日

大垣書店四条店さまの絹を変えてきました

27ogaki1.jpg
年末にもお知らせしました大垣書店四条店さまにて開催中の「吉岡幸雄 植物染の世界」フェアを延長して展開して頂いています!ありがとうございます!
やはり本物の染色品を展示しているからか立ち止まってご覧になることが多いとお聞きしてとても嬉しいです。

本日は前回、紫と緑で「松の襲」を表現していた絹を、違う襲に変えさせて貰いました。
27ogaki2.jpg
こんなかんじです。
茜で染めた赤と、藍で染めた青を襲ねて「葡萄の襲」チックにしてみました。
『王朝のかさね色辞典』p281では、蘇芳と藍で表現してあります。

27ogaki3.jpg
かさなったところはこんなかんじ。。
ちょっと写真ではわかりにくいですが、かさなったところが紫に見えますでしょうか?
ちゃんと紫に見えるかどうかは、大垣書店四条店さまにご来店頂いてご覧ください。

※作品にはお手を触れないようお願い致します。


大垣書店四条店(外部リンク)

営業時間 <平日・土> 10:00〜23:00
     <日・祝日> 10:00〜22:00
〒604-8153
京都市中京区烏丸通四条上ル 京都御幸ビル2F
TEL 075-253-0111
FAX 075-253-0088

posted by 山吹 at 17:40| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お店さん紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

大垣書店四条店さまで「吉岡幸雄 植物染の世界」フェア開催中!

ogakishijo1.jpg
本日より、大垣書店四条店さまにて「吉岡幸雄 植物染の世界」フェアを展開して頂いています。
大垣書店四条店さまは、烏丸通りに面したビルの二階にあります。
二階にあがるためのエスカレーターをあがってドンツキ(※京都弁、つきあたりの意味)の棚に、ドーンと一本まるまる展示して頂きました。

ogakishijo2.jpg
真ん中の辺りには、「よしおか工房に学ぶ はじめての植物染め」の作品の一部を展示。
左から、生クルミで摺り染めしたルームシューズ、茜とヤマモモで染めた毛糸で編んだネックウォーマー、コーヒー染めした羊毛で作ったくまのマスコットです!

ogakishijo3.jpg
上からは「染司よしおか」の紫根でぼかし染めした絹と、藍と刈安でぼかし染めした絹で、お正月らしく松のかさねを表現してみました。
松の襲については「王朝のかさね色辞典」p251からをご覧ください。

一月の半ば頃には、この絹を他の色に変えに行く予定です。
また変えましたらこちらでご案内しますね。

いずれの作品も普段は見ることが出来ないものですので、この機会に是非大垣書店四条店さまにご来店くださいませ!

※作品にはお手を触れないようお願い致します。


大垣書店四条店(外部リンク)

営業時間 <平日・土> 10:00〜23:00
     <日・祝日> 10:00〜22:00
〒604-8153
京都市中京区烏丸通四条上ル 京都御幸ビル2F
TEL 075-253-0111
FAX 075-253-0088
posted by 山吹 at 18:45| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お店さん紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

ジュンク堂書店西宮店さん

昨年、吉岡幸雄氏の「菊池寛賞受賞」以来、「日本の色辞典」などを大きく展開していただいてます。

110202_1843~01.jpg

この大きな什器?というかディスプレイ台?にこうして各タイトルが並んでいると、なんだかピラミッドパワーを感じてより多くのお客さまに手にとっていただけるような気がします。

また、書籍に限ったことではないのですがディスプレイの基本は三角形というのをあらためて感じることができます。きれいですよね。

110202_1843~02.jpg


ところで、このディスプレイを当ブログで紹介したくて写真を撮ろうとしたのですが携帯の充電が残り10%になっており撮ることができませんでした・・・(肝心なところで役立たずな携帯です)。で、ちょっと(かなり)焦っているいましたが、西宮展芸術担当の方に送っていただきました!ありがとうございますー

こうして、我々に代わりに日々販売していただいていることに感謝しながらこれからも、活動していきたいと思っています。

posted by 茜色 at 09:13| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お店さん紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

サンミュージックハイパーブックス茨木店

128s1.jpg

本日は茨木のサンミュージック様を訪問しました。
ただいま「日本の和の文化」フェアにて紫紅社タイトルを販売中です。
128s2.jpg
昭和、大正レトロな文庫と雑貨をセットでプレゼントにするのもよし!
「日本のデザイン」で予習して、美術館を訪れるのもよし!
お気軽に店頭でお手にとってみてください。
by松葉色
128s3.jpg

サンミュージックハイパーブックス茨木店(外部リンク)

茨木市上郡2−13−14
TEL 072-640-0907
posted by 山吹 at 17:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お店さん紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

ブックパル文苑 山科店

今日はブックパル文苑 山科店さんを紹介します。

ブックパル文苑 山科店
こちらはとてつもなく広いスペースはありませんが、文様や染工芸の棚がとても充実しています。
紫紅社も文庫をはじめ文様関連書でお世話になっています。
ブックパル文苑 山科店

店長のお話によるとこの辺りは陶芸や染に関係している人が多く、さかんであることから需要が高くデザインの参考に購入されるかお客様がいらっしゃるとのことです。

確かに近くには清水焼団地があります。

ここで毎年、7月第4金、土、日に「陶器祭り」が開かれており、多くの来場者が詰め掛け大盛況に終わっているとのこと。
清水焼団地のHPから陶器祭りについて一部抜粋させて頂きます。


『当組合の『陶器まつり』は、京都伝統産業の中核を担う京焼・清水焼を中心に一年の成果を世に問う機会でもあります。
伝統的な高品質の陶芸品や若手の作品等豊富に取揃えて、併せて教育的、社会的、娯楽的な要素を加味しながらも
1日を楽しく過ごして頂くところに特色があります。』



今年はもう終わってしまいましたが、来年こそ自身の勉強の為にも足をはこびたいと思います。ろくろ体験なども出来るそうですよ!皆さんもどうですか?



ブックパル文苑さんについてもう一つ。
京都の本についても充実しています。
ブックパル文苑 山科店
紫紅社の「みやこの御本シリーズ」も目立つところに並べていただいてます−ありがとうございます。

ここで私が注目した1冊は紫紅社の本ではなく「知っとこ見とこ山科ガイド−京都・山科のミリョク」という、と〜てもローカルなタイトルです。一番下段のピンクの表紙の本ですよ。

タイトル「知っとこ見とこ山科ガイド−京都・山科のミリョク」(外部リンク/京都新聞の記事に飛びます)
ISBN:9784876681648
出版社:つむぎ出版

ローカルな場所で仕事をしている私にとっては、こういった本を見るとなぜか嫉妬してしまいます!!??



ブックパル文苑 山科店(外部リンク)

営業時間 9:00AM〜9:00PM
京都市山科区音羽野田町1
西友山科店3階
TEL 075-593-8864
FAX 075-581-9121

posted by 茜色 at 17:02| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お店さん紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする