2009年11月04日

10/22(月)時代祭@明治維新〜江戸時代

京都三大祭の最後を飾る「時代祭」行列を見に行ってきました。

時代祭については、前回の記事と、下に引用する弊社刊みやこの御本シリーズ、「古都の言の葉」をご参照下さい。


時代祭は、一八九五年(明治二十八)の平安遷都千百年の事業としてはじまったもので、平安時代から明治までの時代風俗衣裳を身にまとった行列が市中を歩く。(中略)葵祭もそうだが、この行列には大勢の学生アルバイトが動員されるので、時代衣裳をまとった同級生に沿道からさかんにひやかしの声がかかる。これも学生の街京都らしい光景だ。

詳しくはこちらの本でどうぞ。


行列が通る半時間ほど前に三条京阪前に行ってみると、まばらながら見物客が集まってきている様子。
私は川端三条南東側に陣取ってみました。

jidai1.jpg
京都府警の平安騎馬隊のお馬が先頭。

jidai2.jpg
馬車に乗って現れたのは京都府知事と京都市長。

jidai3.jpg
時代を遡って行列が進むので、先ずは明治維新時代の「維新勤皇隊列」

jidai4.jpg
山国隊の「ピーヒャーリヒョ」という鼓笛の音を聞くと「時代祭が始まったで〜」とワクワクしてきます。
基本的に時代祭の行列は鳴り物が他に無いので、時代祭というとこの音、という気がするからかもしれません。

jidai5.jpg
鉄砲を持っている隊士も続きます。

jidai6.jpg
次に続くのは「維新志士列」

jidai7.jpg
2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の主人公、坂本龍馬。
右手を胸元に入れたポーズが「らしく」て格好いい!
この辺の有名人物が前を通ると沿道から声があがったりします。
大抵照れた表情で手を振りかえしてくれます。


写真がとても多いので、続きは下の「続きを読む」からご覧ください。




続きを読む
posted by 山吹 at 17:31| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

時代祭

今日は時代祭ですね。
紫紅社のブラックボードは、みやこの御本シリーズ「きょうの京都」から「時代祭」の項を抜き出してみました。

時代祭

(前略)京都三大祭の最後を飾る時代祭は、平安遷都千百年を記念し、明治二十八年(一八九五)に創建された平安神宮の奉祝行事として「ひと目で京都の歴史と文化がわかる行事を」とはじまった時代行列である。室町幕府を開いた足利尊氏が朝廷の逆賊とみなされていたため、当初から除外されていた室町時代列が、平成十九年(二〇〇七)から新たに参列することになり、より華やかな行列となった。(後略)

詳しくはこちらの本でどうぞ!

幕末維新の山国隊の鼓笛隊〜さかのぼって八つの時代、二十列約二千人がそれぞれ時代考証された装束をまとって行列します。

隊列は正午に御所建礼門を出発して、烏丸通、御池通、河原町通、三条通を経由して、平安神宮に到着します。

朝の九時ごろ御池通を通ったのですが、祇園祭のように有料観覧席(外部リンク)が用意されていました。
私はお昼に抜け出して三条京阪の辺りに見に行く予定です!
写真のアップはまた後ほどということで…


時代祭(京都市観光協会のページ/外部リンク)
ラベル:時代祭
posted by 山吹 at 11:57| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

櫛まつり

安井金比羅宮で開催されました「櫛まつり」の見物に行って参りました。

櫛まつり

櫛まつりについては弊社刊「きょうの京都」九月二十八日の記述より抜き出します。


昭和三十六年(一九六一)からはじまった行事で、歴史的な結髪や着付けを研究する「京都美容文化クラブ」が主催している。当初は「くし」にちなんで九月四日におこなったが、現在は九月第四月曜日となった。日ごろ愛用して欠けたり、古くなった櫛や簪(かんざし)を供養する。境内の北側にある「久志塚」の前で祭典をおこない、拝殿で「黒髪」が舞われる。
午後二時ころから、古墳時代からの各時代を代表する髪型に結い、当時の衣裳をまとった風俗行列が境内を出発して四条通や花見小路周辺を練り歩く。(後略)


詳しくはこちらの本でどうぞ!


私も紫紅社の従業員から預かった櫛を一本奉納させて貰いました。


生憎今年は雨模様で行列は中止されたのですが、時代衣裳をまとったモデルさん達の間近に寄らせて貰う事が出来ましたので沢山写真を撮ることが出来ました。
折角なのでいっぱいアップさせて貰います。
この記事の一番下にある「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

また、女性の衣裳についてご興味のある方は、弊社刊「日本の女性風俗史」も是非ご高覧下さい。(といいつつスイマセンっ只今重版中です〜次の版が届いたらまたブログでお知らせしますね)





紫紅社オンラインショップ



続きを読む
posted by 山吹 at 18:08| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

高瀬川舟まつり

「高瀬川舟まつり」に行ってきました。


高瀬川の説明は、弊社刊「古都の言の葉」より「高瀬川」と「高瀬舟」の記述を抜き出してみます。


御朱印船貿易で巨万の富を得た角倉了以(すみのくらりょうい)が一六一一年(慶長一六)に開削した運河で、二条大橋の西詰から、鴨川の水を引き、並行するように南流し、繁華は木屋町を流れて東九条で再び鴨川と合流する。(後略)

舟底の平らな物資運搬用の小型船を高瀬舟といい、高瀬川を上下した。いま、木屋町通の北川近くの一之船入に酒樽を積んだ高瀬舟が繋留されている。
川名はこの舟の名からついた。下りはゆるやかな流れにまかせていくが、上りは人足たちが川堤から綱で舟を引く。大正九年(一九二〇)まで運航していた。(後略)


詳しくはこちらの本でどうぞ!


「高瀬川舟まつり」は、この一之舟入の辺りで行われました。

高瀬川舟まつり
一年でこの日だけは舟の上に乗ることが出来るそうですが、私がいった時間(13時頃)にはもう終了していたようで…舟の上には舞妓さんがあがっておられました。


お茶
お茶券(500円)を購入すると、先斗町の舞妓さんがお茶の接待をしてくれます。
お菓子は生姜の味がしました。(食べかけでスイマセン)

私は見たことがあるのと人がいっぱいだったので行かなかったのですが、舟まつりのお隣にある「島津創業記念資料館-科学の森-」もこの日は無料で開放されているそうです。

京都の中心部よりほど近い場所で行われますので、来年の秋分の日には訪れてみては如何でしょうか?

posted by 山吹 at 20:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

燕帰る

きょうの紫紅社のブラックボードには、「みやこの御本」シリーズの「きょうの京都」から、「燕帰る」を抜き出してみました。


燕帰る


(前略)燕は春の社日(しゃにち)ころに渡り、秋の社日ころに帰るので社燕(しゃえん)という。すばやい飛行で、人の頭や車の先をかすめる。飛びながら口をあけて虫や昆虫をつかまえる。益鳥として、またその姿の可憐なことから、巣をかけられた家も、いやがらずにそのままにしている。
あれほど飛んでいた燕も、この時期からパタッといなくなる。



詳しくはこちらの本でどうぞ!
9/8に「燕帰る」が掲載されています。




ラベル: ツバメ 社日
posted by 山吹 at 11:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする