2014年07月04日

日本の色の十二カ月

紫紅社ではさまざまな書籍を出版していますが、なかでも吉岡幸雄とよしおか工房に関する書籍は「紫紅社はこんな出版社です」という名刺のような本です。
 今夏六月にその看板作品のなかに新たな一冊『日本の色の十二カ月』が加わりました。この新刊は新しいけど古い。古代染織史家として色について多くの著作を世に出してきた吉岡の原点といえるものなのです。

 吉岡は染色を生業としていますが、大学卒業後ほどなく紫紅社を設立し、編集者として日本はもとより世界の染織品に関する書籍、雑誌を手掛けていました。編集者として世界の名品を追い続けた吉岡が、作り手として名品を目指すようになり、編集者ではなく著者として本の世界に戻ってきたのがPHP研究所から出版された『色の歴史手帖』だったのです。『日本の色の十二カ月』はこの『色の歴史手帖』に更に編集を加え、新装版として出版いたしました。
「新しいけど古い」って謎かけられたけど、なあんだ再編集かと思われた皆さん、その通りです。しかし『色の歴史手帖』を愛読され再版を願っておられた方々の気持ちに応えるべく、さらに十年先も読むに堪えるように加筆、修正を加え、新しくカラーページを追加しております。

 今回の再編集の見どころは「造り花」です。よしおか工房では毎年、京都 石清水八幡宮社へ「御花神饌」を納めています。この御花神饌は九月に行われる本祭に供えられる造花で、十二カ月のそれぞれの季節にあった草花を、植物で染めた和紙で作成したものです。先日東京 日本橋島屋にて行われた「吉岡幸雄の仕事展 日本の暦・色かたち」では実物が展示され、会場を華やかに飾っていました。花や木が染料となって、また花や木として生まれ変わった姿が美しく、ぜひご覧になっていただきたいところです。
(さらに吉岡幸雄ホームページでも展覧会の様子がご覧いただけます。)
  吉岡幸雄の仕事展「日本の暦・色かたち」 2014年5月21日(水) 〜5月26日(月)、日本橋高島屋

 その他のおすすめカラーページは、昨年の第65回正倉院展に展示された「鹿草木夾纈屏風」の技法を再現した「花樹双鳥文様」。今では絶えてしまった「夾纈」という大変に手間がかかり難しい技法を用いて作成したもので、NHK「日曜美術館」でもその再現手法を吉岡が披露していました。
また植物染めVS化学染料の対決が見られる「赤糸威鎧兜」も個人的におすすめしたいポイントです。植物が持つ色の力と古の人々の技術の高さを見せつけられる一枚です。

もし「審美眼」という眼鏡がかけられるなら、日本や四季がこういう風に見えるのかなと、折々に暮しを振り返り、読み返したくなる一冊です。紫紅社の名刺代わりの代表作ですが、名刺のようにお配りできないので、書店にて見かけられましたらどうぞご贔屓に。

紫紅社オンラインショップの
 『日本の色の十二カ月』へ





posted by 茜色 at 20:18| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刈安 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック