2010年03月31日

桜の開花宣言

一昨日、京都市内では少し雪が降っていたのですが、まだまだ寒くても、ほころんだ桜を見て「春なんやなあ」と不思議に思いました。
今年の京都の桜(ソメイヨシノ)の開花宣言は三月十九日。
去年と同じ日だそうです。

紫紅社のブラックボードもそれにちなんで、弊社刊「きょうの京都」より、三月二十八日の記述「桜の開花宣言」を抜き出してみました。

桜の開花宣言

京都の桜の開花は、京都地方気象台(中京区)構内の染井吉野の「標準木」ではかられる。(中略)
花が咲くと、うれしいけれども、気忙しい。
満開までには約一週間かかるが散り始めると早い。新聞などの開花情報をにらみつつ、今年はどこへ行こうかと、花見の予定をたてる時期がきた。


詳しくはこちらの本でどうぞ。


桜
これは三月十七日の京都御苑の桜です。御苑内は広い為、いたる場所に色んな品種の桜が植えられているので、長い期間桜が楽しめます。

疏水べりの桜
これは三月三十日の疏水べり(京都会館の横手辺り)の桜です。沢山の方が足をとめて写真を撮ったりされていました。
満開のように見えますが少し寄ってみますと…
桜
まだ半分ぐらいが蕾の状態でした。

桜見物に京都に来られるならこれから一週間程が狙い目なのではないでしょうか?


posted by 山吹 at 11:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック