2010年01月20日

京都十六社朱印めぐり

年も明けてだいぶたった所でようやく外のブラックボードを更新しました。
外と言っても最近は風でたおれる事も多いので入口の硝子越しに見て貰える位置に置いてあります。

今日は弊社刊「きょうの京都」より、「京都十六社朱印めぐり」を抜き出しました。(1/22の記述です)

120k1.jpg

元旦から二月十五日までおこなわれる。十六社すべてをまわり朱印をもらうと(一社ごとに有料)、一年間病気厄除、家内安全、商売繁盛、学業成就、縁結び、安産などなど、あらゆるご利益がえられるという。十六社めの神社では干支の置物も授与される。(後略)

詳しくはこちらの本でどうぞ


こないだから「頑張れば今からでもまわれるかも」「そやで頑張りーな」「いや無理ですわ」という会話が社内で繰り広げられているのですが、公式サイトにのっていた寅の置物のかわいさにグラグラ来ています。



京都十六社朱印めぐり公式サイト(別ウインドウ)

posted by 山吹 at 15:25| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック