2009年07月17日

祇園祭神幸祭、無言詣

山鉾巡行が終わった日の夕方、大きな御神輿が三基でる豪快なお祭り、「神幸祭」があります。
全国ニュースでも流れ、京都では必ず生中継があるぐらい有名な山鉾巡行が祇園祭のメインかと思われがちですが、神事的にはこちらがメインのお祭りです。

今回は、弊社刊「きょうの京都」より「祇園祭 神幸祭」の記述(7/17)を抜き出してみます。

(前略)祇園祭の神幸祭は「おいで」ともよばれ、素戔嗚尊(すさのおのみこと)を「中御座(なかござ)」、櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)を「東御座」、八柱御子神(やはしらのみこがみ)を「西御座」の神輿で四条寺町の御旅所に迎える。天延二年(九七四)にはじまったという、祇園祭でもっとも重要な神事である。神輿の重さは約二トン、担ぎ棒は約十メートル。
(中略)三基はそれぞれ氏子区域をめぐって午後九時半ころ御旅所に到着し、二十四日の還幸祭で八坂神社に戻る。



詳しくはこちらの本でどうぞ。


さて、紫紅社のある古門前通はルートには入っていないのですが、歩いてすぐの縄手通に御神輿が来るよ、との事でしたので御神輿見物をしてきました。


神幸祭
初めにやってくるのは中御座の先導。

神幸祭
先導の久世駒形(くせこまがた)稚児。
綾戸國中(あやとくになか)神社の化身ですので、八坂神社の中に入っても馬から降りません。
胸には木彫りの馬(駒形)をかけています。

神幸祭
南の方から「ホイットーホイットー」の声と共にやってきたのは、中御座です。
担ぎ手である輿丁(よちょう)は、三若神輿会で、揃いの白い法被に身を包んでいます。約700人程の輿丁が交替で御神輿を担ぎます。
御神輿を担げるのは常時80人程ですので、御神輿の周りには、沢山の輿丁が「ホイットーホイットー」のかけ声をかけて一緒に練り歩きます。これはすごい迫力。

一旦中御座が通り過ぎたので他の仕事をしていたら、また「ホイットーホイットー」のかけ声が!
急いで駆けつけたら、なんと紫紅社の前に、西御座がやってきました。
真っ暗でスイマセンが、かけ声がよくわかるので動画を載せておきます。


ルートとは違うので休憩かしらと見ていると、
神幸祭
御神輿に提灯をつけに立ち寄られたようです。
西御座を担ぐのは錦神輿会。法被の背中には「錦」という文字が光ります。

神幸祭
かっこいい!


残念ながら東御座をみることは出来ませんでした。
このあと、二十四日の還幸祭までは、御神輿が三基、四条寺町の御旅所に勢揃いしているところを見ることが出来ます。
夜の御神輿は見れなくても、是非御旅所に見に行って欲しいです。
御神輿が大きくて感動します。山吹の友人で東京出身の祭好きがいますが、「こんなに大きいのはみたことがない」と言っていました。(また、彼女曰く、揃いの白い法被も珍しいのではないか、ということ)


最後に弊社刊「きょうの京都」より「無言詣(むごんまいり)」の記事(7/20)を抜き出しておきます。

祇園祭神幸祭の十七日から還幸祭の二十四日まで、神輿が安置された御旅所に毎日お参りすると願いが叶うという。ただし御旅所へ行く間、参拝中、また家に帰るまで、だれとも話してはならない。知り合いに会って、うっかり話してしまわないように、深夜にお参りをする芸舞妓さんや若い女性も多いそうだ。川端康成の『古都』にも主人公の千恵子と苗子が御旅所での「七度まいり(無言詣)」で再会する場面が登場する。(後略

つづきはこちらの本でどうぞ。

(7/28記)
posted by 山吹 at 20:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック