2009年07月09日

京都旅行記B

岡山のM書店Yさんからの京都旅行記第三弾です。
第一弾はこちらの記事、第二弾はこちらの記事です。


**


さてさて、その後、花見小路通りを通って高台時周辺をそぞろ歩き、八坂神社を参拝。もうこの辺りは観光客でいっぱいです。そしてバスに乗って銀閣寺道へ。銀閣寺の方から南禅寺に向かって哲学の道を歩きます。
哲学の道
地図で見ると、そう大した距離ではないのですが、実際に歩いてみると、これがまぁ長いこと・・・私も友人も段々無口になり、足も錘をつけたかのように重くなっていきます。疲れもピークになり、しまいには、小学校の時に歌った童謡の替え歌なんかを口ずさむ始末。。。一生懸命歩いていると、人気の少ない哲学の道(春と秋は桜と紅葉の為賑わっています)を後ろから、気配なく人が近付いてきて勢いよく私達を追い越していきます。この、後ろから人が急に接近してくる現象、女の身ではなかなか恐ろしいものがあり、風情ある哲学の道も次第にスリルとサスペンスの獣道へと変貌していきました。本来哲学の道は、哲学者、西田幾太郎が愛した美しい散策路です。しかし、疲れた時に頑張って歩くと風情より色々な不安が増してきますので、お気をつけ下さい。
南禅寺三門
やっと、南禅寺に着きました。もう時間も差し迫ってきているので今回は、石川五右衛門の『絶景かな』でお馴染みの、南禅寺三門周辺を通り過ぎるだけでしたが、緑に囲まれた境内は、マイナスイオンが空気中を漂い、とても清々しく気持ち良いですねー。境内を流れる小川には小さなカニさんがいるらしく、子供達がカニ釣りに精を出しています。何だか、和む風景です。
石灯籠
門前右方には巨大な石灯籠(高さ6メートル余り、東洋一の大きさ)があり、実は南禅寺に参ったのはこれが3度目ですが、この石灯籠には初めて気付きました!ものすごく大きいのに、ひっそりとした佇まいなんです。南禅寺はいつ訪れても観光客が沢山いるのに、なぜか静かで落ち着いていて、暑い夏でも心地よい風が通っており、とても懐かしくて、温かい空気の漂うお寺さんです。私の一番の京都お気に入りスポットかもしれません。


**

以上でしたー。暑い京都を歩いた後の清々しさが伝わってきましたよね。
私たちではわからない感動を表現していただきました。
我々にとって日常風景のセブンイレブンに感動されていたことは新鮮でしたー。
Yさんありがとうございました!また岡山伺いますー
posted by 茜色 at 16:25| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック